WordPressを快適にするデータベースメンテナンスプラグイン4つ 1


所要時間: 10

WordPressを快適にするデータベースメンテナンスプラグイン4つ

こん**は、あまりゴールデンウィークというのが関係ない@wine_and_webことhirok-kです。

WordPressを使っていると、使用しなくなったプラグインが残したデータや新規投稿時に作られた使用しない下書きデータなど、徐々にデータベースに様々なゴミが溜まっていきます。そんなデータベースのメンテナンスに便利なプラグインを4つご紹介します。
時々データベースをメンテナンスすることで高速化し、快適にWordPressを使用できるようにしましょう。

Plugins Garbage Collector

Plugins Garbage Collector

数あるWordPress用プラグインの中には、プラグインを削除しても使用していたデータをデータベース内に残してしまうものがあります。
このプラグインはそのゴミデータをお掃除できるプラグインです。

WordPress > Plugins Garbage Collector

プラグイン > 新規追加Plugins Garbage Collectorを検索し、インストール。
有効化したら、ツール > Plugins Garbage Collectorからゴミデータの確認と削除を行います。

使い方はシンプルで、デフォルト設定のままでスキャンボタンをクリックするだけ。

Plugins Garbage Collector設定画面

スキャンの結果、
 停止されたプラグインに関連すると思われるデータテーブルが青文字で、
 削除されたプラグインに関連すると思われるデータテーブルが赤文字で、
それぞれ表示されます。

Plugins Garbage Collectorのデータ一覧画面例

Plugins Garbage Collectorのデータ一覧画面例

赤文字で表示されたデータは、チェックボックスにチェックを入れ、Delete Tablesで削除が可能となっていますが、削除の際はバックアップをとるなどした上で行ってください。

Clean Options

このプラグインでは、プラグインがデータベース上に作成したデータや一時的なデータを抽出できるもので、その中から不必要な物を削除できるものです。

リリース後2年以上経過していますが、WordPress 3.9でも問題なく動作してしています。
しかし、今後のWordPressバージョンアップに伴い動作しなくなる恐れもありますありますので、ご注意ください。

WordPress > Clean Options

プラグイン > 新規追加Clean Optionsを検索し、インストール。
有効化したら、ツール > Clean Optionsからデータの確認と削除を行います。

こちらも使い方はシンプルで、デフォルト設定のままでFind Orphaned Optionsをクリックするだけ。

Clean Optionの設定画面

データベース上で孤立しているであろうデータが一覧で表示されますが、念の為何のデータかを調べることが可能なように、Googleでそのデータテーブル名を検索できるようにもなっています。
気になるデータのチェックボックスにチェックを入れ、View Selected Options Informationをクリックし、念の為データの中身を確認します。

Clean Optionのデータ一覧画面例

問題がなければ、Yes, Remove ALL of these options from the wp_options table.を選択し、Submitをクリックすると該当データが削除されます。

もちろん、削除の際はバックアップをとるなどした上で行ってください

Clean Optionのデータ詳細画面例

WP-Optimize

WP-Optimize

このプラグインはワンクリックでデータベースの最適化を行える便利なプラグインです。

WordPress > WP-Optimize

プラグイン > 新規追加WP-Optimizeを検索し、インストール。
有効化したら、メニューバーに追加されるWP-Optimizeからデータベースの最適化を行います。

幾つかオプションがありますので、簡単にご紹介します。

Remove all post revisions
保存された投稿リビジョンの削除
Remove auto draft posts (This will also clear out posts in Trash)
自動保存された投稿ドラフトの削除(ゴミ箱に入れられているドラフトも削除します)
Remove spam comments (This will also clear out comments in Trash)
スパムコメントの削除(ゴミ箱に入れられているコメントも削除します)
Remove unapproved comments
非承認コメントの削除
Remove transient options
一時的なオプションデータの削除
Remove orphaned postmeta
孤立化したメタデータの削除
Remove pingbacks
ピンバックの削除
Remove trackbacks
トラックバックの削除
Optimize database tables
データベースの最適化

こちらも使い方はシンプルで、オプションをチェックボックスで選択した後にPROCESSボタンをクリックするだけ。

WP-Optimizeの設定画面

またこの他に機能設定が可能です。
General Settingsでは、次の設定が可能です。

Keep last X weeks data
最適化前のデータをX週分にわたって保存
Enable admin bar link
WordPressの管理バーにWP-DBManage管理ページのリンクを表示

Auto Clean-up Settingsでは、実験的なオプションですが、最適化の自動化設定が可能です。
こちらでは、データベースの最適化だけでなく、投稿リビジョンやドラフト、スパムコメントなどの削除も自動化することが可能です。
実験的なオプションのため、使用に際してはくれぐれもご注意ください

WP-Optimizeの設定画面

WP-DBManager

このプラグインは、データベースの最適化、修復、操作、バックアップ、復元、自動化がワンセットとなった至れり尽くせりのプラグインです。
通常はphpAdminを経由して行う作業ですが、WordPressの管理画面から行うことができるため非常に重宝します。
ですが、何でもできるがゆえに注意も必要なプラグインではありますが、ぜひご紹介します。

WordPress > WP-DBManager

プラグイン > 新規追加WP-DBManagerを検索し、インストール。
有効化したら、メニューバーに追加されるWP-DBManagerから各操作を行います。

メニュー項目を紹介します。

Database
使用しているデータベースの各種情報
Backup DB
データベースのバックアップ
Manage Backup DB
データベースのバックアップファイル管理
Optimize DB
データベースの最適化
Repair DB
データベースの修復
Empty/Drop Table

データベースにあるデータテーブルの削除

Run SQL Query
SQLクエリの実行
DB Options
機能設定

WP-DBmanagerによるデータベース情報画面

Backup DB, Manage Backup DB

この機能を利用するには、まず最初に~/wp-content/plugins/wp-dbmanager/にある、htaccess.txt~/wp-content/backup-db/へ移動し、ファイル名を.htaccessとする必要があります。
この作業は最初の一度だけでOKです。

バックアップを行うときは、特段の必要性がなければデフォルトの設定のままでBackupボタンを押すだけでOKです。
またバックアップの管理は、不必要なバックアップファイルを削除したり、バックアップから復元したり、またダウンロードも可能です。
該当するバックアップファイルを選択し、該当ボタンをクリックするだけでそれぞれの作業が完了します。

WP-DBmanagerのバックアップ画面

WP-DBmanagerのバックアップ管理画面

なおこの機能は、レンタルサーバによっては利用できない場合もあります。ご注意ください。
その際はこのようなエラーが表示されます。

WP-DBmanagerによるバックアップできない際のエラー例

Optimize DB, Repair DB

こちらの機能も、特段の必要性がなければデフォルトの設定のままでボタンをクリックするだけで作業完了です。
特に先に紹介したWP-Optimizeで最適化をした後であっても、こちらの機能で最適化するとさらにデータベース容量を小さくできることも多く、最も頻繁に利用する機能です。
なおデータベースの修復は、最適化後に念のため実行しています。

WP-DBmanagerによる最適化画面

WP-DBmanagerによる修復画面

Empty/Drop Table

EmptyとDrop、どちらも基本的にはデータベースにあるデータテーブルの削除なのですが、
 Emptyは、データテーブルは残したまま、データのみを削除
 Dropは、データテーブルごとデータを削除
の違いがあります。
 前者Emptyはプラグインデータを初期化したい場合などに使用
 後者Dropはもう利用しない(であろう)データを削除したい場合などに使用
するとよいでしょう。

WP-DBmanagerによるデータテーブル削除画面

Run SQL Query

何かしらのSQLクエリの実行を行いたいときに使用します。
通常であれば、あまり使用しない機能かと思われますので、ここでは割愛します。

DB Options

機能設定ページです。ここでは主にバックアップやSQLのパス設定や自動化の設定を行います。

WP-DBmanager DB Option設定画面

Paths パス設定

Path To mysqldump
mySQLダンプへのパス
Path To mysql
mySQLへのパス
Path To Backup
バックアップファイルの格納場所へのパス
Maximum Backup Files
バックアップファイルの最大数

通常であれば、自動的に入力される項目で変更する必要は特にありません。
エラーなど動作に異常がある場合などは、Auto Detectボタンをクリックし自動検出を再度行うことをおすすめします。
この中で唯一設定する可能性が高いのは、Maximum Backup Filesで、サーバ容量を考慮してバックアップファイルの最大保持数を設定するとよいでしょう。

Automatic Scheduling 自動化スケジュール設定

Automatic Backing Up Of DB
データベースバックアップの自動化スケジュール
Automatic Optimizing Of DB
データベース最適化の自動化スケジュール
Automatic Repairing Of DB
データベース修復の自動化スケジュール

それぞれ何日ごとに行えるかを設定可能です。
 毎日更新している場合は、毎日〜1日おき
 週に2〜3度更新している場合は、3日〜1週間おき
 週に1度以下の更新の場合は、1〜2週間おき
を目安にするとよいでしょう。

Backup Email Options メールバックアップ設定

バックアップを行ったデータベースファイルをメール送信するか否かの設定です。
Toにメールアドレスを入力すると、バックアップが実行される度にそのメールアドレス宛にバックアップファイルが送信されます。
そのため、データベース容量が大きい場合はお薦めできませんので、ご注意ください。

コメントを書いてみませんか?