SNSに登録したアプリのアクセス権を取り消そう


所要時間: 4

SNSに登録したアプリのアクセス権を取り消そう

こん**は、花粉症真っ盛りの@wine_and_webことhirok-kです。
花粉症同志の皆様、お加減いかがでしょうか?

Google Analyticsをビジュアル的に確認できる人気アプリAnalytics Tilesが突然使用できなくなり、阿鼻叫喚なツイートでTwitterがここ数日ほど賑わっていました。他のアプリでもこういったことが起こらないとも限りませんので、その際にしておくべき各種SNS(Twitter, Facebook, Google+)に登録したアプリのアクセス権を取り消す方法をざっとまとめました。

アクセス権って?

簡単に言いますと、
アクセス権とは、アプリなどがあなた自身になりかわって、SNSで様々な操作を可能にする権利
です。

各SNSでの仕様やアプリの仕様にもよりますが、最悪の場合、投稿した記憶のない内容を投稿されたり、アカウントそのものを乗っ取られる場合があります。
ですので、リスクを最小限に抑えるために、出来る限りアクセス権を与えるアプリを最小限にとどめておきましょう。

どういうときに取り消すか

では、どういった時にアクセス権の取り消しを行えば良いのでしょうか。
 各SNSで連携しているアプリを使用しなくなった
 あやしいアプリにアクセス権を認めてしまった

この場合はすぐに取り消し作業を行いましょう。

また、
 各種SNSを利用し始めて数ヶ月以上経過したが、アクセス権の確認をしていない
 前回アクセス権を確認して数ヶ月以上経過した

このような場合でも、取り消し作業を行わずとも念の為にアクセス権の確認を行いましょう

Twitterでの方法

Twitterへアクセスし、ログインします。

Twitterへのログイン

右上にある歯車アイコン設定とヘルプをクリックします。

Twitterの設定メニューを表示

そこに表示されるメニューの設定をクリックします。

Twitterの設定メニューを選択

左側メニューに表示されるアプリ連携をクリックすると、アクセス権を設定しているアプリ一覧が表示されます。
許可を取り消すボタンで不要なアクセス権を取り消します。

Twitterでのアクセス権の取り消し画面

Facebookでの方法

Facebookへアクセスし、ログインします。

Facebookへのログイン

右上にある歯車アイコンをクリックし、設定をクリックします。

Facebookの設定メニューを表示

左側メニューに表示されるアプリをクリックします。

Facebookでアクセス権を設定しているアプリを表示するメニュー

アプリ設定内の利用しているアプリにアクセス権を設定しているアプリ一覧が表示されます。
編集の右隣にある×ボタンで不要なアクセス権を取り消します。

Facebookでのアクセス権の取り消し画面

Google+での方法

Googleにアクセスし、ログインします。

Googleへのログイン

右上にあるご自分のアイコンをクリックし、アカウントをクリックします。

Googleのアカウントメニューを表示

アカウントメニューのセキュリティをクリックします。

Googleのセキュリティメニューを表示

左にあるアカウント権限すべて表示をクリックします。

Googleのアカウント権限を表示

アカウント権限が設定されているアプリ一覧が表示されます。
取り消ししたいアプリを選択すると、右側に簡単な説明が表示されますので、それを確認の上でアクセス権を取り消すボタンをクリックし不要なアクセス権を取り消します。

Googleでのアクセス権の取り消し画面

Googleでのアクセス権取り消しでは、Google+だけではなく他のGoogleによるサービスで連携しているアプリも表示されるため、アクセス権の取り消しを行う際はくれぐれもご注意ください。
取り消すアプリを間違えると、スマホなどからサービスが利用できなくなる恐れもあります。その際は、再度アプリのアクセス権設定を行ってください。

コメントを書いてみませんか?